ボヤログ::PSO2

ヒーローソード接着のすすめ

最終更新
2017-08-09(水) 12:10:09

ヒーローソード接着とは

ソードをメインウェポンとし、ツインマシンガン・タリスを全く(あるいは殆ど)使わないヒーロークラスのプレイスタイルのこと。
蔑称として扱われることが多いと思いますので、自称するならともかく他のユーザーに対して使う場合はよくよく留意しておきましょう。

何故ヒーローソード接着するのか?

理由は様々ですが、以下のような理由から選択する場合が多いのではないでしょうか。

ヒーローソード接着を選ぶ理由

ソードPAのカッコよさや接近戦の爽快感
使用武器・PAが減ることによって生まれるシンプルな操作性
装備作成にかかるコストの削減

ヒーローソード接着の弱点

最も重要なのは、ソード接着はヒーロークラスにおける戦闘の最適解ではないということです。
ヒーローの切札的スキル、「ヒーロータイム」を使うためのギアチャージを素早く行うには、装備可能な3種の武器を適度に切替ながら戦うのがベストです。
ソード接着はその点で明確に他のプレイスタイルに劣ります。

ヒーローソード接着のコツ

ヒーローソード接着は先に述べたようにギアチャージが遅いという弱点があります。
その弱点を補うためにコンボギアアップをうまく活用していくのが接着プレイのコツです。

コンボギアアップ
効果
テクニックかPAから異なるPAに繋いだ時にギア増加量が上昇する

どう活用するかといえば、攻撃に移る際に、ファーストブラッドを活かしていきなりライジングとかブライトネスを放つのではなく、先にフラッシュオブトリックやヴェイパーオブバレットを使ってからJAでライジング、ブライトネスに繋ぐということです。
これでギア上昇量に補正がかかり、多少なりともギアチャージを改善できるという訳です。

以下、ヒーローソードPAの簡単な解説。

ライジングスラッシュ

ライジングスラッシュは短押し、長押しで挙動の変わるPAです。
ライジングスラッシュ

短押しはソードをポイッと投げる攻撃。
動作に短いのでコンボの始動に便利。

長押しはボタンをホールドしている間はずっと滞空状態で剣を振り回し、ボタンを離すと振り下しのフィニッシュ。
JAが必要ないのでDPSが安定、また操作が楽なので長時間の周回プレイをする方や、細かい操作が苦手な方におすすめです。

ブライトネスエンド

ライジングスラッシュも短押し、長押しで挙動の変わるPAです。
ブライトネスエンド

短押しはダウン付きの範囲攻撃。
全方位にガードポイントが発生するため回避技として使えます。

長押しすると追加でPPを消費して超広範囲の範囲攻撃になります。
雑魚戦での殲滅PAとして非常に有効。

フラッシュオブトリック

フラッシュオブトリックはタリスへの切り替えPA。
ソード接着プレイでは切替は行わないので、短押しでの移動・接敵PAとして使用します。
移動距離、速度共に優秀で使い勝手がいいPAなのでガンガン使っていきましょう。

ヴェイパーオブバレット

ヴェイパーオブバレットはツインマシンガン切り替えPAです。
ソード接着プレイでは武器切替は行わないの、短押しでの遠距離攻撃PAとして使用します。
単純に火力が高く、前後移動で間合いをはかったり、ロック状態で左右に振りながらの攻撃に使用することも出来て非常に強力。
PP消費が高めなのが唯一の弱点。